TC療法1クール目

告知後、1週間も経たないうちに、入院、化学療法がはじまりました。

手術は空きがなく、いったんは卵管を摘出しているので、先に化学療法をはじめましょうとのことでした。

抗がん剤投与の日までは、おしっこをためる以外にはすることがなく、不安で卵管がんや卵巣がんの方のブログを探しては熱心に読んでいました。

 

なかでも同じ卵管がんの方のブログで、とても明るく勇気付けられるブログを書かれる方がいて、とても励まされました。

不妊治療をしているときも色んな方のブログを読んでいましたが、これほど励まされたことはありません。

また明るく、本当に明るく面白いブログなのですが、同時に治療にも前向きに取り組まれているので、勉強になりました。

旅行や患者の方の集まりに遠くまで行ったりと、活動的で、勇気をもらえました。 

 

私はまだまだ拙いブログですが、「ブログを書いてみよう!」と思い新しいことが始められたことに本当に感謝しています。

 

ちょっと話がそれてしまったのですが、、、

このようなわけで、入院から抗がん剤投与の日には、少し治療に前向きになり、先生にも質問をしたりできるようになっていました。

アルコールに弱いので、投与開始後ほとんどを寝てすごしました。

そして当日はご飯をもりもり食べ、翌日も普通に過ごしました。

便秘だけが辛く、歩いてみましたが、改善しませんでした。

投与から3日目の朝、起きたら吐き気がしました。

これが不妊治療中だったら、「つわりか!」というくらいご飯のにおいがだめになっていました。

3日目、4日目、5日目と食欲がなく、倦怠感と少しの筋肉痛でしんどかったです。

特に食欲不振が辛く、なぜか「これががんになって痩せるやつや」と勝手に恐怖心を抱き、無理をして食べようとしてしまいました。

なぜか、外出してカプリチョーザの冷製パスタを食べました。。。

この3日間は、なぜかイタリア、スペイン気分で、親に無理を言って、ガスパチョを作ってもらったりしました。

 

6日目の朝起きたら、お腹がすいていて、ここから回復しました。

その後は、少しの指のしびれ以外は特に副作用もなく普通に過ごしていました。